京都府在住 37歳 女性の健康法「亜鉛サプリクロムがおすすめ!」

6d48ec8889d5e3d8c6491e097eaae1e9_s

ニューヨークでは日本の健康志向が流行っている!

って話をニューヨークに10年住んでいる友人から先日聞きました。

実際どうなのかわたしは知りませんが、世界的に見てみても砂糖に税金をかけている国なども出てきているし、健康志向が強くなっていると思います。

日本は恐らく健康志向が高い方だと思うので、健康法もいろいろありますね。

そんな訳で、みんなの健康法についてアンケート調査を実施しましたので、その内容をシェアしたいと思います。

京都府在住 37歳・女性 Aさんの健康方法

q1健康について何を気にしていますか?

a1血糖値と体脂肪

 

q1健康グッズ・器具・サプリ・ドリンクなどで、おすすめはありますか?

a1亜鉛サプリに入っている「クロム」が、血糖値を上げない方向に作用するのでお勧めです。

 

q1あなたの健康法を教えてください。

a1いつも、起きてすぐに食前血糖値を測定して、血糖値管理をしています。そのため、夕方には、糖質を決められた量以上口にしないのはもちろんのこと、できるだけ夜の7時以降には夕飯をとらないようにしています。また、外食をすることも多いのですが、その時に大事なのは、自分で糖質量をある程度把握し、どの程度なら翌朝の血糖値に影響しないのかを研究する必要があります。たとえば、居酒屋のメニューなら、アボカドとチーズが一緒にグラタンのように焼かれているものなどはOKですが、そこについている玉ねぎは食べない、冷ややっこには醤油をかけすぎない、枝豆や刺身など血糖値に響きにくい商品を選ぶなどの工夫が必要です。また、お通しは結構糖質に響くものが多いので、居酒屋さんには申し訳ないですが内容を訊いてお断りする方法もあります。ファミレスでは、ハンバーグのつなぎ程度の小麦粉なら問題ありませんが、一緒についてくるポテトやにんじんは省いてもらいましょう。残すのもいいですが、最近はオーダーを通すための入力端末に、すでに「付け合わせなし」の項目があるのか、すんなりと聞いてもらえます。あと、当たり前ですが、いくら夜の7時以降に食べないからといって、このタイミングの食事でカロリーを摂りすぎないように気を付けましょう。

 

今回は、こういった健康法だけでなく、その他にも美容法やダイエット法を多く載せている口コミサイトを見つけましたので紹介します!

 

⇒健康・美容・アンチエイジング・ダイエット!こんな方法があった!?

 

では、また!

最後までお読みいただきありがとうございます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ