病は気からを身をもって感じた出来事

20160606205040

私の健康への考え方のもっとも重要視している事といえば「病は気から」なのです。

どんなに健康的な身体であっても、ネガティブな考え方で生活を続けていると、その内にエネルギーは、魂だけでなく身体もむしばんでしまうと考えています。

日頃の仕事や生活の事で悩みやストレスを抱える事が多いのは誰でも一緒だと思うのです。

しかし、この悩みやストレスと並走しながら、気持ちはポジティブにいなければ、健康ではいられないと思うのです。

周囲でも、成功している人たちは、ストレスの感情を解放する方法を知っているからこそ、今日1日の苦難にポジティブな意味を見つけ出せているのでしょう。

そのストレス感情の解放の仕方は様々あります。

ほんの些細な事でストレスを発散させても良いのです。

または、小さな成功や喜びを見つけて、それをストレスの感情の解放に使っても良いと思うのです。

それらは、すべて自分にごほうびをあげることなのです。

自分でも、とにかくよく笑い、常に優しくほほえむことを意識しています。

気力を持ち直す事が、結果的に自分自身の健康への重要な一歩だと考えています。

その上で、美味しくて栄養のある食事を心がけ、必要に応じてサプリも取り入れていけば体調を崩すことはそうそう無いと思っています。

私は友人から勧められたマカアンドクラチャイダム20000プラスというマカとクラチャイダム、アルギニンが入ったサプリを飲むようにしています。

マカもクラチャイダムも元気を維持するにはうってつけの植物なので、飲むと元気になることを実感します。

「病は気から」。健康でいる為には、ポジティブな気持ちでいる事こそ重要なのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ